ほどほどが一番だと思います

牛乳に含まれるカルシウムはいらいらを沈める効果あり!
おなかすいてたまんないときとか、眠れないときのホットミルクは効果的ですよー
あと、理由は忘れましたが腸でガスを発生させてくれるので、腸の動きがよくなり、便秘防止にも効果的、っていいますね
後、豆乳で、大豆にふくまれるイソフラボンは女性ホルモンに似た働きをするので、バストアップ効果もあり!・・とか。
どちらもいいところはありますね
けれど、とりすぎるとカロリーオーバーはまちがいないので
ほどほどが一番だと思います。

パンや麺など粉ものを食べる時に一緒にたべたいもの

粉ものは消化がよいため、血糖値を急激に上昇させます。血糖値が高くなると、脂肪の合成を促すインスリンの分泌が増えます。
粉ものは血糖値の上昇を緩やかにするようなものと一緒に食べると、インスリンの分泌を抑えることができます。食物繊維は一緒に食べた糖や脂肪の吸収を穏やかにし、血糖値の上昇を緩やかにします。

▽▼内臓脂肪に関する情報が満載♪▼▽
内臓脂肪落とし隊~ダイエットのための4か条~

パンや麺類などの粉ものを食べるときは、食物繊維を豊富に含む野菜や海藻などを最初に食べておけばインスリン分泌を抑えて肥満を防止できます。。